分散終点の決定

ホーム  »  測定事例(分散性)  »  分散終点の決定

日焼け止めクリームを原液測定

[概要]
ジェットミルによる最適な印可圧力を決定するため、日焼け止めクリームの粘度と緩和時間を測定を行いました。

[実験]
日焼け止めクリーム原液を分取し、TD-NMR測定を行いました。

[結果]

印加圧力と粘度、分散性の関係

緩和時間を分散度(%)に換算し比較しました。粘度と分散度には相関関係が得られました。

[考察]
2000PSIにて最も分散性がよいことが両データから示唆されました。
このようにパルスNMRでは、高濃度であっても分散体終点を希釈せずにそのままNMRチューブに分取するだけで短時間で評価可能です。

しかし実際の測定を行うと多くの場合下記の様に予想よりやや過分散の印加圧力や分散時間の際に最適であると予測される方が多くいらっしゃいます。

粘度が精度よく測定できているのか?
高濃度分散体を希釈した粒子径で比較していませんか?

濃厚状態での分散度とレーザー回折法による粒子径の比較をご参照ください。


 

測定事例一覧

高濃度分散体の分散終点を希釈せずに決定 
分散剤の最適量を決定
競争吸着を簡便に数値化
粒子界面のわずかな違いを数値化
粉体の表面処理有無による濡れ性の数値化
70wt% 濃厚系スラリーの分散終点の探索(3種の異なる原理による比較)
ゼラチン濃度の異なるゲルの運動性評価
濃厚状態での分散度とレーザー回折法による粒子径の比較

 

 

        

ページの先頭へ