WEBセミナー

ホーム  »  実績・セミナー情報  »  WEBセミナー

「濃厚スラリー分散性向上へのアプローチ」のご案内   (御礼 大盛況にて開催できました!)

濃厚分散系の制御にはその分散系に適した分散装置や分散剤・分散条件の選択が重要ですが、それらを決定する為には、その評価も重要になります。

しかし、濃厚系の評価をする事は、その濃度が問題になり、希薄系に比べ適用できる評価法が限られます。
現在、希釈せずに評価できる手法として、ゼータ電位をはじめ、沈降法、パルスNMR法、X線小角散乱法など種々の評価法が実際に使われております。

本講では、実際のビーズミルによる分散方法のポイントから濃厚状態のままでの分散終点の決定法に焦点を当て実データを元に判り易く紹介させて頂きます。

 【セミナー概要】
主  催:アイメックス株式会社
     MSサイエンティフィック株式会社
     マジェリカ・ジャパン株式会社

開催日時:2021104日(月) 13:00 - 16:30
開催形式:WEBセミナー形式 (Zoomウェビナーを使用
定  員:300名 
            →満員御礼 本当に有難うございました!!
費: 無 料

 

【プログラム】
13:00 - 14:00
 「濃厚スラリー分散条件決定のための最新評価技術」
      講師:武田コロイドテクノ・コンサルティング株式会社  武田 真一 先生

 

14:00 - 14:10 休憩

 

14:10 - 14:55 「ビーズミルの基礎と分散事例のご紹介」
      講師:アイメックス株式会社  五十嵐 章裕 先生

 

14:55 - 15:00 休憩

 

15:00 - 16:00 「パルスNMRによる高濃度粒子分散体の分散終点の決定および界面特性評価」
      講師:マジェリカ・ジャパン株式会社  池田 純子 

 

16:00 - 16:30    質問時間

 

【お申し込み】
下記URLの参加お申込みフォームよりお申し込みください。
お申し込みはこちら  https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_gbQFaTAqQm65UPv1DR2jJw

濃厚スラリーにおける粒子界面評価の重要性 (御礼 大盛況にて開催できました!)



MSサイエンティフィック株式会社様のご協力によりウェビナーを開催させて頂きます。

濃厚分散系の制御には希釈せずに濃厚系のまま粒子-溶媒界面の特性を評価する必要があります。

現在、希釈せずに評価できる手法として、ゼータ電位をはじめ、沈降法、パルスNMR法、

X線小角散乱法など種々の評価法が実際に使われております。

本講では、界面状態の特性値として用いられるパラメータや評価法の基礎及び その応用例について説明させて頂きます。

 

 

【セミナー概要】

主催:MSサイエンティフィック株式会社、マジェリカ・ジャパン株式会社

日時:2021525日(火) 13:00 - 15:30

形式:WEBセミナー (Zoomウェビナーを使用)

定員:80名 (満席になり次第、募集を終了させて頂きます)
  →200名 (すぐに満席になってしまい定員を増やしてくださいました)
  →大好評につき定員を大幅に増やしました
  →430名の皆様がお申し込みくださいました。本当に有難うございました。

参加費:無料

 

【プログラム】

13:00 - 14:30  「濃厚スラリーにおけるin situ粒子界面状態評価法 -基礎と実例-」 

    講師: 武田コロイドテクノ・コンサルティング株式会社   武田 真一 先生

 

14:30 - 14:40   休憩

 

14:40 - 15:25  「パルスNMRによる濃厚分散体および粉体の濡れ性評価」

                 マジェリカ・ジャパン株式会社   池田 純子 

 

ページの先頭へ