競争吸着を数値化

ホーム  »  測定事例(分散性)  »  競争吸着を数値化

界面活性剤によるポリマーの脱着

[概要]
微粒子が分散した製品には様々な添加剤が含まれている場合があります。
それぞれの添加剤が競争せずに両方粒子に吸着し特性を持たせることが重要でしょう。
1%PVPを吸着させたコロイダルシリカとコロイダルシリカのみの分散体にそれそれSDS(界面活性剤)を添加し、競争吸着を評価しました。

[実験]
1%PVPを吸着させたコロイダルシリカとコロイダルシリカのみの分散体に、それぞれSDS(界面活性剤)を0%、1%、3%、5%の濃度で添加しました。


[結果]

SDS添加によるRsp値の変化


コロイダルシリカのみの分散体にSDSを添加してもRsp値に変化は見られませんでした。
1%PVPを吸着させたコロイダルシリカで、SDSを添加すると、濃度が高くなるにつれRsp値が下がりコロイダルシリカのみの分散体のRsp値に近づきました。

[考察]
PVPとSDSはシリカよりも結合力が強くSDSがPVPと化学結合しPVPをシリカから脱着させる性質があることが示唆されました。




 

測定事例一覧

高濃度分散体の分散終点を希釈せずに決定 
分散剤の最適量を決定
競争吸着を簡便に数値化
粒子界面のわずかな違いを数値化
粉体の表面処理有無による濡れ性の数値化
70wt% 濃厚系スラリーの分散終点の探索(3種の異なる原理による比較)
ゼラチン濃度の異なるゲルの運動性評価
濃厚状態での分散度とレーザー回折法による粒子径の比較

        

ページの先頭へ