分散剤の最適量を決定

ホーム  »  測定事例(分散性)  »  分散剤の最適量を決定

コロイダルシリカへの非イオン性ポリマーの吸着

[概要]
分散剤(PVP:ノニオン系ポリマー)の最適量を予測するため、緩和時間を測定を行いました。

[実験]
コロイダルシリカに分散剤(PVP:ノニオン系ポリマー)を0%、1%、2%、3%、4%の濃度で添加し、緩和時間の測定を行いました。

[結果]

PVA添加濃度に対するRsp値の変化


Rsp値はバルク液と微粒子分散体の緩和時間変化割合です。
バルク液として水を用いた場合、Rsp値が高くなり続ける(微粒子分散体の緩和時間は短くなり続ける)傾向がありましたが、バルク液として超遠心機(himac CS-FNX:エッペンドルフ・ハイマック・テクノロジーズ(株)社製)にて得た上澄み液を用いるとRsp値が定常に達しました。

[考察]
上澄み液を得る事で吸着せずに残ったPVPも加味した測定が行う事ができ最適な分散剤の濃度の予測精度が上がったと考えます。


 

測定事例一覧

高濃度分散体の分散終点を希釈せずに決定 
分散剤の最適量を決定
競争吸着を簡便に数値化
粒子界面のわずかな違いを数値化
粉体の表面処理有無による濡れ性の数値化
70wt% 濃厚系スラリーの分散終点の探索(3種の異なる原理による比較)
ゼラチン濃度の異なるゲルの運動性評価
濃厚状態での分散度とレーザー回折法による粒子径の比較

        

ページの先頭へ